借入の一本化

MENU

ローンの返済がキツくなってきたら借入の一本化を検討してみよう

現在借入中の方の多くが複数の金融会社に借入をしていることと思います。

 

そうなると、どうしても返済額が分散して計画的な返済プランが立てにくくなりますし、現在の借入状況が複雑になり、完全に把握することが困難になります。

 

そういったことにならないよう、出来るだけ借入する金融会社は一本にまとめた方がお得です。

 

でもまとめるとよく言われますが、一体どうやって一本の金融会社にまとめればよいのでしょうか?

 

例えばプロミスやアットローンで借入している場合、その借入金額をモビットから借入して完済します。そうなると以後はモビットへ集中して返済が出来るというわけです。

 

これは返済額が集中できますし、利息の計算も簡単になるため、毎月の返済額も抑えられるというメリットがあります。

 

こう書くとなんだかメリットばかりが注目されがちですが、もちろんデメリットもございます。

 

それは、一本化というのはとても魅力的な返済プランですので、多くの人が利用したがるのですが、逆にそれを逆手にとって、消費者からさらにお金を巻き上げるような悪徳な会社も存在します。

 

また、一本化をしようと考えている消費者のほとんどが、既に多重債務者である可能性がありますので、どこからも一本化できず、先ほどのような悪徳会社に騙されるといったケースも後を絶ちません。

 

大事なのは既に数社借入をしている場合、できるだけ早く一本化を進めることです。

 

ただ、せっかく一本化をしても、毎月の返済額がゆるくなったことでつい、予定より多く浪費してしまい、結局また他社から借入をして借金を増やしてしまう方も沢山いらっしゃいます。

 

そんなことでは一本化した意味がまったくなくなってしまいますので、もし一本化をすると決めたら、返済は特に計画的におこなってください。

 

一本化はうまく使えはかなり支払負担を軽減できますそもそも一本化というのは計算上、毎月の返済額を抑えることができるかもしれませんが、逆に返済期間は延びるということです。

 

一本化する本来の目的は、毎月の支払利息を抑えるということであることを、しっかりと頭の中で覚えておき、自分の目的にあわせて一本化をするか選択することが重要になってきます。

 

どちらがいい、悪いというのはありませんので、自分の返済状況を念頭に置きながら考えてください。

このページの先頭へ