カードローン 借入体験談

MENU

自分がまさかカードローンで借入するハメになるなんて当時は全く考えてなかった

基本誰もがそうだと思うのですが、友達とお金を借りる話をする機会って中々ないと思います。

 

しかしある日、友達3人と飲んでいる時にお金に関するぶっちゃけ話をした時がありました(^^;

 

その中の友達1人が、お金が足りなくてカードローンに申し込みをした時に、絶対通ると思ったのが、なぜかダメだった過去があるという事を話してくれたのです。

 

その頃私はお金に困った事がなかったので「ふぅ~ん、そうなんだ~」と他人事のような話として聞き、その友達も大変だったんだなぁ・・・としか感じていませんでした。

 

まさか自分が儲け話に乗って損をするとは・・・(>_<)

そうなことがあった数ヶ月後、ある知人から「確実に儲けられる!」という話につい乗ってしまい、気がつけば働いてせっせと貯金したお金を投資してしまった事がありました(汗)

 

今思えばどうかしてたのですが、その時にはなんだか儲けられるような気がしてしまい、つい貯金から給料まで投資してしまったのです。。

 

今思えば世の中そんなにうまい話はないのに、知人と一緒に良さそうと感じて行ってしまいました。。

 

結果は皆さんのご想像どおり・・・結構な損をしてしまい、自分が投資したお金はすべて失う事になったのです(T_T)

 

次の給料日までのつなぎでカードローンの審査に申し込むが、通るか不安・・・

儲かるとばかり思っていたので、騙されてしまった悔しい気持ちと、この先どのように生活をしていくかで頭の中はもうパニック状態で悩んでしまいました。。

 

そんなことを考えながらも毎月の生活費は必要でしたので、次の給料日までもまだ日数があったこともあり、思い切ってカードローンで借入する事に決めたのです。

 

しかし、いざ申し込もうと思った瞬間、以前友達が申し込みをしてダメだった話をしていた事を思い出し、もしお金が借りる事できなかったらどうしよう・・・と急に不安に襲われ、とりあえず申し込みは後日にすることにしました。

 

いざ申し込みをすることを決めてからは、会社の休憩時間などにも皆には分からないようにコソコソと各カードローン会社のホームページを見たり、実際に通らなかった人や通った人の口コミ情報が掲載されているサイトなども参考にしました。

 

もちろん家に帰ってきてからも、ご飯を食べながらや眠りにつくまでずっと見ていました。

 

もうお金がないので他にやることもありませんでしたし(苦笑)、そうすると徐々に、明確な審査基準までは分かりませんでしたが、特に今までクレジットカードや携帯電話等の支払で遅延をした事もなく、安定した収入があれば借りる事ができそうかなということが分かり、最後は思い切って申し込みをしてみる事にしたのです。

 

申し込み後はドキドキして待っていたが・・・無事審査が通りお金を融資してもらえることに!

朝会社に行く前お金の事を考えていたら、なんかいつもより早く目が覚めてしまったので、もうやるしかない!と思い、この時に申し込みを行いました。

 

私が申し込んだのは、よくCMでも名前を聞くような大手の消費者金融で、申し込みをしてから早い時では1時間以内に審査結果がくるようなところを利用してみたのです。

 

まだ早朝で営業時間ではなかった為、1時間以内に返事は来ませんでしたが、会社で仕事をしている時にメールで結果が来ていました。

 

ポケットが携帯電話のバイブで揺れた時にはとても緊張感が走り、すぐにトイレに向かって個室でメールを開き見ました。

 

すると審査が通過してお金が借りられる事が記載されていたので、飛び跳ねたくなるくらいに喜びでいっぱいになったのです!

 

その月もカードローンのおかげで何事もなく生活する事ができ、もう絶対うまい投資話には乗らないようにしなければ!と強く反省しました(^^;

 

これからはコツコツと働き、今回借りた借金もできるだけ早く返すつもりです。

 

>>今回利用したカードローンの詳細を見てみる

このページの先頭へ