個人信用機関 借入審査

MENU

急にお金が必要になった時に便利なカードローンですが・・

僕は以前、急遽家族で旅行に行くことになり、その時はクレジットカードでキャッシングを利用することができなかったため、カードローンに申込んだことがあります。

 

審査に申込むのは携帯電話からでも手軽にできますが、審査に通るかどうか、カードが実際に届くまではとても気が気ではありませんでした。

 

まあ普通に考えれば、ちゃんと正社員として働いているし、公共料金等の支払も遅れたことがないので、まず大丈夫だと思っていても

 

  • もしかしてダメだったらどうしよう・・・
  • 他のところに申込むしかないだろうか・・・

とあれこれ考えていたのも事実です。

 

しかし、あれこれ考えたとしても、自分でどうにかできるわけではありませんのでどうしようもないのですが、それでも考えてしまうのが『お金を借りるということ』なのかもしれません。

 

借入するなら誰でも受けなければならない審査

カードローンに申し込んだなら、誰でも必ず審査を受けなければなりません。

 

ローン会社もビジネスなのですから、当然、返済してもらえないかもしれない人にお金を貸すことはありません。だから、その人がキチンと返済できるかどうか調べるわけです。

 

僕は先程も言ったように、これまで支払の延滞をしたこともないですし、債務整理をしたこともありません。当然、キャッシングは初めて利用します。

 

それに、働いてちゃんと収入もあるわけですからそんなに心配することはないはずです。 なのに、どうして大丈夫だろうかと心配になるのでしょう!?

 

その理由は様々あると思いますが、一つは、家族旅行にはぜひ行かせてあげたいと思っていましたし、家族にガッカリさせたくなかったからだと思います。。

 

自分の金融履歴がわかる個人信用情報とは・・

カードローンの申し込みがあると、ローン会社は個人信用情報機関に申込者の情報を照会します。

 

そして、申込者のこれまでの金融履歴をチェックするそうです。 金融履歴とは、例えばキャッシングの利用履歴はもちろん、携帯電話の支払記録やクレジットカードの支払記録なども分かるようになっています。

 

ちなみに、この個人信用情報を自分で見ることもできるそうです。

 

もし、借入審査の結果にどうしても納得いかない時は、一度信用情報機関でチェックしたほうがいいかもしれません。

 

自分では気づいていない金融事故があったりする事例も結構あるみたいですからね。

 

また、この個人信用情報というのは、すべて正しいとは限らないのだそうです。

 

ちゃんと返済を終えているのに、未返済と記入されていることも稀ですがあるというではありませんか!!

 

僕の知り合いが、何度カードローンに申込んでも審査に落とされるため、個人信用情報機関で情報をチェックしたところ、記載ミスが見つかりこれまで落とされ続けた理由がやっとわかったそうです。

 

そんな情報を聞いていたので、僕も審査に申し込みをする前に一度チェックしようかという気持ちもあったのですが、そこまでするのもどうかという気持ちもあり、結局何もしない状態で審査を受けてみたのです。

 

結果は無事ローンカードを手にすることができました!

あれこれ考え始めるとキリがありませんでしたが、とりあえず本人確認の電話が来たので助かりました。

 

本人確認の電話があれば、ほぼ審査に通ったも同然です!なかには本人確認の電話があった後でもダメだった人もいるそうですが、そういうパターンは稀でしょう。

 

後で聞いた話ですが、ちょうど本人確認の電話があった頃、在籍確認の電話もあったようです。

 

どちらにしろ、無事にカードローンを利用できるようになり、家族をガッカリさせることなく旅行にいくことができて良かったです。(^^

 

>>今回利用したカードローンの詳細を見てみる

このページの先頭へ